得マイル日記

マイル獲得や航空会社、国内・海外旅行、クレジットカードなどの情報を発信していきます

JAL「どこかにマイル」に伊丹空港発着の路線を追加【4月17日から】

スポンサーリンク


f:id:atsu4n:20170410215659p:plain
昨年12月にJALがサービスを開始して以来、マイラーの間でも大きな話題となっている「どこかにマイル」ですが、4月17日の申し込み分から伊丹空港発着の路線も追加されることになりました。

JAL企業サイト - プレスリリース - 大好評の「どこかにマイル」に伊丹空港発着の路線を追加


「マイルでどこかに行きたい」という関西在住のJALマイラーには興味深いニュースではないでしょうか。
JAL「どこかにマイル」と伊丹空港の路線拡大について調べてみました。

 

「どこかにマイル」とは

JALが昨年12月に始めた、国内線のマイレージサービスで、最大の特徴は「自分で行き先が選べない」というところです。4つの候補地の中から自動的に旅行先が決められるという、ミステリーツアーのような感じです。

往路・復路の日付と時間帯を入力すると、候補地が4つ示されます。(再検索すれば、別の候補地が示されます) 申し込みから3日以内に4カ所の候補地の中から、行き先が決められます。

通常期で往復12,000マイルのところ、往復6,000マイルと半分に設定されていて、「とりあえず、どこかにマイルで行きたい」という人には大好評となっています。
f:id:atsu4n:20170410215830p:plain

4月17日から伊丹空港発着にも拡大

これまで羽田空港発着の34路線に限定されていましたが、4月17日の申し込み分から伊丹空港発着の23路線が追加されて57路線に拡大されます。
羽田発着路線では午前5時から8時59分、午前9時から11時59分、午後0時から3時59分、午後4時から6時59分、午後7時から11時59分の5つの時間帯から選ぶことが出来ましたが、伊丹発着は3つの時価帯から選ぶことになっているみたいです。
羽田よりも路線と便数が少ないので、あまり時間帯を狭めてしまうと「4つの候補地から選ぶ」ということが出来なくなるのでしょう。

f:id:atsu4n:20170410220122p:plain

伊丹発着で拡大される路線

※間違いがあったので、2017年4月25日に修正しています。

現在、JALの伊丹発着の23路線は以下のとおりです。

伊丹⇔
新千歳、函館、青森、三沢、秋田、花巻、山形、新潟、成田、羽田、但馬、出雲、隠岐、松山、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、屋久島、奄美大島、那覇
※季節運航の伊丹⇔松本とかは除いています

この23路線が「どこかにマイル」の対象となるということなので、 伊丹⇔但馬(70マイル、112キロメートル)だったら少し損をした気持ちになりそうです。
(日帰りか1泊で城崎温泉と思ったら楽しめそうではあります)


C区間(通常2万マイル)の伊丹⇔石垣が6,000マイルが設定されていたら凄くお得なのですが、関空発着の路線については対象外みたいです。

行き先は4つの候補地の中からランダムに決定

4つの候補地の中から空席が多い路線が優先的に割り当てられるのではないか、あらかじめJALが路線を決めているのではないか…と誰しもが思うはずですが、一応は「行き先は本当にランダム」に決まっているみたいです。

「行き先は本当にランダムです」特集・JALとNRI「どこかにマイル」担当者に聞いてみた


空席が多いから徳島ばかり当たるという訳ではないのですね。少し安心しました。
(それにしては、「どこかでマイルで徳島に行ってみた」という記事が多い気がします…)



f:id:atsu4n:20170410220619p:plain

まとめ

マイルの新しい形である「どこかにマイル」ですが、伊丹空港発着の路線も追加されたことで楽しみ方も増えそうです。
今後、羽田と伊丹以外の空港への拡大も期待したいところですが、「4空港からランダムで指定される」というサービスの特徴を考えると、地方空港への拡大は難しいところでしょうか。
実際に伊丹発着の「どこかにマイル」で、どこが当たるのか。私も1度は使ってみたいサービスです。