読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得マイル日記

マイル獲得や航空会社、国内・海外旅行などの情報を発信していきます

海部川風流マラソンを走ってきました

雑記

徳島県内のマラソン大会である海部川風流マラソンに参加してきました。
地元…といっても、自宅(徳島空港の近く)からは車で2時間弱かかるのですが。

JALがスポンサーになっていて、途中のエイド(給食所)でJALのCAさん(グランドスタッフだったかも)がスカイタイムやコンソメスープを配っていました。
私もスカイタイムを水分補給でもらいましたが、走ってる途中だったので、何味かは分かりませんでした。たぶんキウイ味だったかな?

f:id:atsu4n:20170219193115j:plain

どうしてJALが、徳島空港から2時間弱もかかるこの大会のスポンサーになってくれているのか。理由は分かりませんが嬉しい限りです。
ちなみに、「とくしまマラソン」でもJALエイドがあるんですよね。こちらの大会にも参加予定なのですが、毎年楽しみにしています。

JALが冠スポンサーとなっているマラソン大会といえば、国内なら千歳JAL国際マラソン、海外ではJALホノルルマラソンですよね。
どちらの大会も私は参加したことが無いのですが、1度は参加したいと思っています。

2014年はマイル修行も兼ねて、北海道マラソンや福岡マラソンを走りました。(最高に楽しい1年でした)
次にマイル修行する時は、海外マラソンも絡めたいですね。

イオンお客さま感謝デーで得マイル【今年2月は19日、20日】

お得

イオンのお客様感謝デーについて、5%オフの条件や併用可能な株主優待、JALマイラーへの注意点などを紹介していきます。

毎月20日、30日はイオン系列のお店がお得

「20日、30日は5%オフ♪」のCMでもお馴染みです。
毎月20日、30日はイオン系列のお店がお得で5%の割引があります。
イオン系列のマックスバリュやザ・ビッグなども5%オフとなります。四国にしかない「マルナカ」もイオン系列なので5%オフです。ただし、ミニストップは5%オフの対象外となっています。

2017年2月は19日(日)、20日(月)が対象

2月は30日が無いので、例年は別の日が設定されています。
今年は2月19日(日)、20日(日)の2日間となっているようです。日曜日の買い物が捗ります。
8月もイオンの決算月なので20日、30日にプラスして31日とかが5%オフとなることが多いです。

www.aeonretail.jp

 

5%オフとなる条件

全ての「お客さま」が5%オフになるわけではありません。
①イオンカードまたはWAON POINTカードの提示
②電子マネーWAONでの支払い
のいずれかの条件が必要です。
レジでイオンカードを提示だけして、支払いは現金という場合でも5%オフは適用されるということになります。

JALマイラーはJMB WAONカードがお得

もちろん、JALマイラー必携のJMB WAONカードでも5%オフの適用となります。JMB WAONはチャージ100円=1マイル(ショッピングプレミアム加入時)、利用200円毎に1マイルなので、実質1.5%マイルの還元率となっています。
5%オフとの併用はお得ですね。

オーナーズカードのキャッシュバックとの併用も可能(通常のJALカード決済は対象外!)

さらに、イオンの株主の場合はオーナーズカードの提示で3%~7%のキャッシュバックを半年ごとに受けとることができます。こちらも5%オフと併用可能です。
ただし、JALマイラー最大の注意点となりますが、イオンカード以外のクレジットカードでの支払いはキャッシュバック対象外となります。イオンはJALの特約店の為、「ショッピングマイル・プレミアム」に申し込んでいる場合はJALカード決済で100円=2%マイルの還元率となりますが、オーナーズカードの還元と併用にはなりませんので注意してください。(イオンJMBカードの場合はキャッシュバックの対象となりますが、「ショッピングマイル・プレミアム」の対象外となります)
電子マネーもWAON以外は対象外です。idなどで支払っても還元はされません。もちろん、JMB WAONで決済をすれば問題なくキャッシュバックされます。
私はイオン株を100株保有していますので、半年ごとに3%分の還元を受けています。電子マネーで支払ったものが現金で返ってくるのは面白いです。

株主優待券との併用も可能

さらにさらに、マックスバリュ西日本などのイオン系列銘柄の株主優待券も併用可能となっています。
優待券(100円)は1000円以上の買物につき1000円ごとに1枚利用できるというもので、1,000円ピッタリで1枚使えば1割引となります。

まとめ

これらの優待を併用できるお客さま感謝デーはお得感が強いのではないでしょうか。
とりあえずJALマイラーはJMB WAONを活用しましょう。
WAONのお得な活用の仕方はまた改めて紹介します。

JAL、那覇空港のサクララウンジがリニューアル

JAL

JALの那覇空港(国内線)サクララウンジが2月28日にリニューアルオープンすると発表されました。

那覇空港 サクララウンジがリニューアルオープン! - JAL

・従来に比べて面積を約20%拡大
・ほぼすべての座席に電源コンセントを設置
・ファーストクラス、ダイヤモンド会員、プレミア会員専用の保安検査場のを新設

などが発表されています。

那覇空港は2014年にJGC修行を行った際に大変お世話になりました。
社畜マイラーなので修行を土日に行ったこともあり、那覇空港は毎回混雑していた記憶しかありません。サクララウンジも非常に混雑していて、当時は正直ゆっくりできなかったのですが、今回のリニューアルで混雑解消も期待できるのでは無いでしょうか。

ANAのSUITE LOUNGEに対抗して、JALも那覇空港にダイヤモンドラウンジを新設するかと思いましたが、とりあえずは最上級会員用の保安検査場が設置されることとなったようです。

週末の那覇空港は保安検査場も激コミで、長蛇の列に並びながら「次からは隣の優先レーンを使うぞ」と心に誓ったものです。
近いうちに、またブルーシールの紅芋ソフトクリームを食べにいきたいと思います。

【スポンサーリンク】

マイルの価値を考えてみる(JAL編)

マイレージ

マイラーにとって、「1マイルの価値は何円くらいか?」は定番のテーマですよね。
一般的には1マイルを1.5~2円くらいで設定している人が多いと思います。
今回はJALマイルについて、1マイル何円の価値があるのか検証してみます。

私が過去にJALマイルを活用したのは、以下の5パターンです。

  1. e JALポイントに交換(10,000マイル→15,000ポイント)
  2. 特典航空券に交換(国内線B区間15,000マイル)
  3. 国際線アップグレードに使用(ヨーロッパ・ビジネスクラスで33,000マイル)
  4. Pontaに交換(10,000マイル→10,000Ponta)
  5. One Harmony ポイントに交換(10,000マイル→6,000ポイント)

他にもあった気がしますが、主要なところではこの5パターンです。
「とっておきの逸品」とかは、コスパが悪くて検討したこともありません。
(逸品そのものは魅力的です)

「1」のe JALポイントについては、使用がJAL航空券購入に限られますが、使い勝手は悪くありません。1ポイント=1円の価値で考えて良いでしょう。すなわち、1マイル=1.5円で換算できますね。
e JALポイント自体の有効期限は交換の度に1年ずつ伸びていくので、失効寸前の残マイルの逃げ道に使うことができます。

「2」の特典航空券は、昔はB区間(徳島-羽田など)が12,000マイルでしたが、いつの間にか15,000マイルに増えていました。スーパー先得だと往復22,000円くらいなので、やはり1マイル=1.5円で換算しても良いでしょうか。
ディスカウントマイルだと12,000マイル、JALカードマイルだと11,500マイルなので、上手く予約すれば1マイル=2~3円くらいの価値があるかもしれません。

「3」の国際線アップグレードについては、2年前のパリ旅行の際に使用したことがあります。当時は27,500マイルとかでエコノミーからビジネスクラスにアップグレードできました。
ヨーロッパ線のエコノミーとビジネスクラスの価格差が往復30万円くらいはあるので、1マイル5円くらいの価値があるかもしれません。

「4」のPontaについては、一時期、ローソンの「お試し引換券」の交換に凝っていて、マイルよりも魅力的に感じて交換したことがあります。
「お試し引換券」については1Pontaを2~3円分の商品に交換できるということで、1マイル=1Pontaに交換しても、2~3円くらいの価値を感じていました。
最近はお得な引換券が減ってきた印象なので、マイルの方に価値を感じています。


「5」のOne Harmony ポイントについては、2015年から始まった交換案件ですね。
期間限定のキャンペーンですが、10,000マイル→6,000ポイントに交換可能です。通常は10,000マイル→4,000ポイントらしいですが、2016年度もキャンペーンが継続しています。おそらくは2017年度もキャンペーンは続くと予想していますが、どうでしょうか。
この交換案件の凄いところは、30,000マイル→18,000ポイントに交換するだけでOne Harmonyの最上級会員である「エクスクルーシブ」にステータスアップされるというところです。
One Harmony ポイントについては、1月の香港旅行の前泊で「ホテル日航関空」に宿泊する際に使用しました。また改めて記事にしたいと思いますが、5,000ポイントで20,000円くらいの部屋に宿泊できたので、1マイル=2円以上の利用価値があったと感じています。

【参考】

diamond.jp


具体的に過去の事例をもとに検証してみましたが、結局のところマイルの価値は使い道とタイミングによって変化するということになります。
ただ、私は基本的にJAL1マイル=1.5円を基本に計算しています。「タイミングがあえば1マイル=2円以上に使うことも出来る」というくらいで考えていますが、基本は1マイル=1.5円だと考えています。
よく、ビジネスクラス、ファーストクラスを例に出して、1マイルに5円、10円の価値があるという説を唱える人もいます。
しかし、私の金銭感覚ではヨーロッパ線のビジネスクラスでも50万円以上払うことは出来ませんので、1マイルの価値を5円以上とは考えられない(考えない方が良い)と思っています。
もちろん、貯めたマイルでファーストクラスでニューヨークやロンドン、パリ…というのはマイラーなら誰もが憧れる目標ですよね。私も出来るだけ遠くない将来に実現したいと思っています。




【スポンサーリンク】

ホワイトデーのお返しもポイントサイト経由で得マイル ②

お得

今年はスカイマークもバレンタイン企画を展開していたみたいですね。
スカイマーク、初のバレンタイン企画 利用者にネスカフェとキットカット

スカイマークは2003年~2006年まで徳島-羽田線を就航してもらい、短い間でしたがJAL/SKYダブルトラックの一翼を担ってもらっていました。
一時期は徳島-成田線の就航(成田シャトル)も検討されていて、それはそれは楽しみにしていたものです。
全くもって、今では考えられないことですね。

さて、昨日に続いてホワイトデーについてお得な商品を検索してみます。

はじめに、ハピタス案件については、百貨店サイトで還元率2~3%くらいの案件が多いようです。
東急百貨店オンラインショッピングで2.8%ポイントバックとかが見つかりました。
ソラチカルートでANAマイルに移行すると、実質2.5%マイルバックくらいの還元率となります。
f:id:atsu4n:20170215225004p:plain

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



JALマイルを貯める場合は、素直に公式マイレージモールを経由して、マイル還元率の高いショップで購入するのが良さそうです。
三越と伊勢丹のオンラインストアが100円=2マイルでお得な感じです。

f:id:atsu4n:20170215225632p:plain

あとは楽天とかも色々な商品があって、普通に魅力的ですよね。
2月下旬くらいまでには注文しようと思います。

【スポンサーリンク】

ホワイトデーのお返しもポイントサイト経由で得マイル

お得

2月14日はバレンタインデーですね。
JAL、ANA両社ともに利用者へのプレゼント企画があったみたいです。

JALは手荷物タグにメッセージが付けられるというサプライズ企画。
JAL、手荷物タグにメッセージ バレンタイン企画で“サプライズ”

 

ANAは事前のリリースどおり、チョコを全便での機内配布。
ANA、羽田でバレンタインデーのチョコ 機内は全便配布


ホワイトデーも同様の企画があるでしょうかね?
たぶん、3月3日は雛祭りの企画があるでしょう。
去年の3月3日は出張だったので、JGCカウンターで「ひなあられ」をもらって大喜びでした。

職場でも先輩や同僚、部下にあたる人達から義理チョコを頂き、有難い限りです。
来月にはお返ししないといけませんね。

私はこの数年、ホワイトデーのお返しはオンラインショッピングで注文しています。
地方在住なので、百貨店サイトとかで「お取り寄せ」をすれば、概ね好評です。

試しにハピタスで検索してみたら、アンリ・ルルーが4.5%ポイントバックらしいです。
ここのキャラメルは美味しいので、8個入り1,296円とかだと義理返しには調度良いと思います。
オシャレですしね。

f:id:atsu4n:20170214213833p:plain


社畜なので、職場の人間関係とか気になるんですよね。
せめてポイントバックで出費分の一部を取り戻したいところです。

ハピタスの場合は→PEX→ソラチカ→ANAマイルのいわゆる「ソラチカルート」が有効ですね。

ハピタスへの登録は下のリンクから登録できます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

バンコク・スワンナプーム航空のサクララウンジがリニューアル

JAL

 

海外では縮小傾向にあるJALのサクララウンジですが、バンコク・スワンナプーム国際空港のサクララウンジが拡張リニューアルされることとなりました。

press.jal.co.jp

 

シャワーブースが3ブースに拡張されるのが嬉しいですね。
(これまでは1ブースのみ!)

バンコクで人気の老舗和食レストラン「日本亭(NIPPON-TEI)」の高品質な食事を提供…ということです。期待できそうですね。
ラウンジのカレーって、どうして魅力的なんでしょうか。

私はバンコクに行ったことが無いので、近いうちに訪問したいと思っています。
金曜日の仕事終わりに徳島から羽田経由で飛べば、2泊4日の弾丸ツアーとかでも充分に楽しめそうなんですよね。
(社畜なので、海外旅行も3連休を利用した週末弾丸旅が基本になります)

試しに来年1月の3連休で検索してみましたが、冬のバンコクは人気があるのかタイプD往復で92,360円。
少し割高ですね。

f:id:atsu4n:20170214203144p:plain

 

特典航空券なら通常で35,000マイル。
まだ2017年度については発表されていませんが、今年と同様にディスカウントマイルが設定されれば25,000マイルで飛べそうです。


f:id:atsu4n:20170214203603p:plain

でも、どうせならビジネスクラスで飛びたいというのが正直なところです。
2015年からバンコク(アジア2)のビジネスクラスは80,000マイルに増やされたのでお得感は少ないですが。

逆にエアアジアXとかのLCCも気になったりしてるので、もう少し計画を練りたいと思います。

【スポンサーリンク】